Read Article

ニキビを予防する方法

ニキビ予防ニキビは過剰な皮脂の分泌により、毛穴が詰まることで起こると言われています。

ニキビにはまず何よりも皮膚を清潔に保つことが必要です。

しかし、洗う際の洗顔料などが強い刺激となってニキビを作ったり、悪化させてしまうこともありますので、刺激の少ないものを選び、しっかりと泡立ててから、その泡で優しく洗うように心がけましょう。

また洗い残しがないように水で流し切り、洗った後は丁寧に拭き取り、たっぷりと保湿をしてあげるようにするとよいでしょう。

皮膚の表面は皮脂膜という膜でおおわれています。

それが洗顔などによって落ちてしまうとニキビもできやすく、細菌にも感染しやすくなりますので、保湿は私たちが考えている以上にニキビ予防に重要な役目を果たしているのです。

いくら洗顔によって皮膚を清潔に保ったとしても、それだけではニキビは予防できません。

偏った食事や便秘、ストレスなどもその原因として挙げられるからです。

美しい肌の形成には腸内で作られるビオチンというビタミンが必須となっているのですが、腸内の状態を良好に保っていないと、このビオチンの生成量も落ちてしまいます。

皮膚は内臓を映す鏡であると昔から言われていますが、普段口にする食べ物に気を配ることも、ニキビケアの大切な要素となっているのです。

暴飲暴食は避け、高カロリーのものや脂っこいものをなるべく抑え、アルコール類も控えめに、便秘をしないよう食物繊維の多いものを摂取するとよいでしょう。

ニキビ予防には代謝の力を高めることも必要です。

肌は私たちの知らない間にも一定の周期で生まれ変わりを続けています。

古くなった皮膚は角質化し、ニキビを作る原因にもなります。

適度に運動をし、体をなるべく冷やさないようにすることが大切です。

規則正しい生活を送り、食に気を配る。

なるべくストレスをためず、日々の生活に適度な運動を取り入れる。

肌を清潔に保ち、保湿を忘れない。
そうするとかなりのニキビは予防できるでしょう。

トップページに戻る⇒ ニキビを治す方法

Return Top