Read Article

ニキビを潰すとどうなる?

ニキビ潰すポツポツとしたニキビ、とても目触りですし、ついついつぶしてしまいたくなりますよね。

つぶさないでも、無意識のうちに触っていたり、いつの間にかつぶれてしまっていることはよくあることです。

もともとニキビは毛穴に皮脂が詰まったことで起こるものなので、たまってしまった皮脂をうまく取り除ければそれだけ治りも早くなります。

しかしだからと言って、ニキビは潰して良いものだと言うのではありません。

ニキビにはつぶしても比較的大丈夫な段階と、つぶしてはいけない段階があるのです。

ニキビは白、黒、赤の順で悪くなりますが、一般にはこの白と黒のニキビの間は自分で潰してもまだ痕が残りにくいと言われています。

白ニキビと黒ニキビのうちはまだ皮膚の内部で炎症は起こっていませんので、詰まりのもととなる異物を取り除いた方が早く治る事もあります。

ところが黒いニキビを超えて赤ニキビになってしまうと、皮膚の下でもかなり炎症が起こり、膿もたまっていますので、つぶしてしまうと真皮まで傷つけてしまい、跡を残さずに治療するのは難しくなってしまいます。

それでもつぶそうとした場合にはニキビが治った後で、今度は肌の凹凸に悩まされることにもなりかねません。

また白ニキビ、黒ニキビの間でも自分で潰すには注意が必要です。

ニキビをつぶすと白い芯の様なものがでてきますが、それを取り出さなければニキビは治りません。

いつまで押しても芯が出ないのであれば、肌は強い刺激を与えられただけで終わってしまいます。

は強い刺激を受けるとメラニンを作って守ろうとしますので、ちょっとニキビをつぶそうとしただけなのに、結果的にニキビも治せず、色素沈着を起こしてしまうという場合も十分ありえます。

汚れた手でニキビを触ってしまい、雑菌が繁殖してニキビが悪化してしまうこともあるでしょう。

どうしてもという場合以外は、ニキビは潰さずきちんとしたケアで治していくようにしましょう。

トップページに戻る⇒ ニキビを治す方法

Return Top