Read Article

ニキビ、こんな時に恥ずかしい(背ニキビ、お尻ニキビ)

ニキビは顔に出来るもの。

そう思いがちですが、実は背中やお尻にもニキビはできます。

それに出来てすぐにわかる顔などとは違い、背中やお尻に出来たニキビは気が付きにくく、人目にもつきませんのでケアするのが遅れて悪化することもあります。

背中はシャンプーなどが残りやすくなっていますし、お尻は蒸れやすく不衛生になりがちです。

汚れや汗は毛穴を詰まらせニキビを作る原因になりますが、どちらも容易に人前で拭ける場所ではありませんから、うっかりするとすぐにニキビが出来てしまいます。

それでも普段は洋服を着ていますので、ニキビを人に見られることもありません。

でも、着替えや温泉、ビーチやプールなど人に肌を見られてしまう場所はいくらでもあるんです。。

「更衣室での着替えなら、さっと着替える間だけだから人に見られない。」

そう思われるかもしれませんが、意外と人は人の様子を観察しているものですし、慌ててニキビを隠そうとすると、それだけ目についてしまいます。

わずかな隙間から見えた赤いニキビは印象も強く、人の記憶に残ってしまいがちです。

またお風呂ではどうしても背中やお尻のニキビは隠せません。

それに全身裸になると、ついつい周りの人と比べてしまいますので、ニキビは思った以上に目立つことにもなりかねないですよね。

他の人はつるつると綺麗な肌なのに、自分だけ背中やお尻にニキビが出来ているなんて恥ずかしいですし、不潔に思われたりしないか心配ですよね。

水着でもそうです。

いくらスタイルが良くて、おしゃれな水着を着ていても、肌がニキビだらけでは、そこにばかり目がいってしまいます。

普段隠れていて見えないだけに、実はこの人こんなだったんだと思われてしまい、後々まで恥ずかしい思いをすることにもなり得ます。

水着でもお風呂と同様、ある程度他の人と体系等比べてしまいますので、よりニキビの印象が強くなってしまいます。

夏場は肌の露出が多くなる時期ですし、冬も温泉旅行などで肌を見せる場面もあると思います。

そんな時のために、早め早めにケアをして、しっかりと治したいですね。

トップページに戻る⇒ ニキビを治す方法

Return Top