Read Article

ニキビのコンプレックス

ニキビは青春の象徴とも言われるほど、
思春期にできやすくなっています。

思春期は男性ホルモンが活発化し、その影響で皮脂の分泌が盛んに行われ、毛穴が詰まりやすくなっているためです。


このニキビに悩まされることの多い青春時代は、自分と他者との違いについて激しく葛藤を持つ時期でもあります。

また容姿についても非常に気になる時期ですから、ニキビについて悩むことは多く、それがコンプレックスになることもしばしばあります。

ニキビに悩むのは思春期の若者だけではありません。大人になってもニキビは出来ますし、悩むことはあります。

顔など目立つ場所に出来たニキビはたとえ小さなものでも気になりますし、普段見えない部分に出来てしまったものでも、着替えやお風呂、水着になったときなど、人に見られてしまう機会はしっかりあります。

ニキビは出来る場所や世代に関わらず、悩みの種になりますから。

ニキビはそれが原因であだ名をつけられることも多く、それが原因となって激しいコンプレックスを持つことにもなりかねません。

また、ニキビがあると鏡を見るたびにいやな気分になります。

とは言っても、身だしなみを整えるために鏡を見ないわけにはいきませんし、外に出れば窓ガラスなど鏡の代わりになるものはたくさんあります。

いくら見ないでおこうとしても、ニキビはずっと私たちに付きまといます。

写真もそうですよね。

思い出の一ページとなる写真は素晴らしいものですが、その思い出にニキビが暗い影を落としていたのでは、アルバムなど開いてみる気にもなれませんし、写真を撮ると思うだけで暗い気分になり、それがそのまま表情に現れ、写真に残ってしまいます。

ニキビは生活習慣とも大きく関連していますし、体質的にもどうやら出来やすい人がいるようです。

一度ニキビに悩まされたことのある人はその後も同じようなことが起こる場合もあり、ニキビに抱えたコンプレックスは克服しにくいのかもしれません。

やはり、早いうちにしっかりとケアをして、ニキビを治してしまったほうがいいですね。

トップページに戻る⇒ ニキビを治す方法

Return Top