Read Article

赤ニキビとは

白ニキビや黒ニキビがさらに進んで炎症を起こしてしまい、赤ニキビとなってしまうと治しにくく、跡も残りやすくなります。

皮膚の表面にはアクネ菌という常在菌がいます。

常在菌というのは常にいて、普通の状態であれば悪さをしない細菌のことを言います。

ですが毛穴の中に皮脂がたまっていくとアクネ菌がこれを餌に増えだします。

アクネ菌はリパーゼという酵素を出し皮脂を分解し、遊離脂肪酸を作りだしていきます。

この遊離脂肪酸は肌を刺激し、増えた菌はどんどん炎症を起こす物質を作り出していきます。

そうなるとそれを鎮めるために白血球などが集まってきて炎症を起こし、皮膚がぶつぶつと赤くはれ上がってしまいます。これが赤ニキビです。

赤ニキビが進むと、毛穴の壁が破れて大きなウミがたまり始めます。

ウミは細菌や白血球などの死骸ですので、炎症が大きくなればそれだけウミもひどくなってしまいます。

化膿するとアクネ菌だけではなくブドウ球菌などの他の細菌も増えるでしょうから、細菌たちによってどんどん刺激物が生み出されていきます。

この状態では皮膚は表面だけではなく中もひどくなっているので、跡を残さずに治すのに時間のかかる場合が多くなります。

ニキビ痕を残さないためにも、適切なケアを早め早めに行っていくことが大切です。

トップページに戻る⇒ ニキビを治す方法

Return Top