Read Article

思春期ニキビとは

思春期ニキビ私たちの体は、目に見えないホルモンによってその機能を絶えず調節されています。

体の各器官が正常に働き、その機能を充実させているのも全て、ホルモンのおかげと言っても過言ではありません。

特に子供から大人に変わる思春期と呼ばれる時期には、男女ともに体つきが大きく変わる二次性徴を迎えます。

この二次性徴ではホルモンの活動が活発化し、男性が男性らしく、女性が女性らしい体つきへと変貌を遂げます。

しかしこの時期、体はまだとても不安定で、ホルモンによって作り変えられている途中なので、気持ちが揺らいだり、皮脂の分泌を盛んにさせるホルモンの影響でニキビができやすくなったりします。

ニキビは青春時代の象徴と呼ばれるのはそのためなのです。

思春期は男女の違いを意識し、異性への関心が高まる時期でもあるので、このニキビはとても気になります。

誰だって異性に自分をよく見せたいものですしね。

顔にできたニキビは目立って、嫌で仕方がありません。

他の人は気にならないくらい小さなものでも、「ニキビのせいで悪く思われたらどうしよう。」「ニキビさえなければ格好よく見えるのに。」そうやって、日に何度も鏡を見ては気をもんでしまうのです。

しかしそんな悩みは誰しもが青春時代、一度は通る道なんです。

多くの場合、この時期のニキビは皮脂の分泌が盛んになることによって引き起こされているので、洗顔によって顔を清潔に保つことを心掛けていると、治りは早くなるでしょう。

若い間は肌の新陳代謝のサイクルも速いので、ニキビも比較的治りやすいと言えます。

しかしながら、思春期のニキビはホルモンの変化によってできてしまうものなので、体が大人へと完全に作り変えられるまでは、しばらく付き合わなければならないものだとある程度覚悟しておくことが必要でしょう。

肌を清潔に保つことを優先しておきましょう。

トップページに戻る⇒ ニキビを治す方法

Return Top