Read Article

ニキビ痕・色素沈着の原因

ニキビ痕と色素沈着ニキビはそれが出来ている間も悩まされますが、治った後も頭を悩まされることがあります。

なぜならニキビの炎症がおさまって、気にならない程度になったとしても、まだうっすら赤みが残っている間は完治したとは言えないからです。

そういった状態は火山で言えば休火山の状況でちょっとしたことが引き金となって、またニキビが再発する可能性があります。

またせっかく治っても、痕が残ってしまうことがあります。

白ニキビ黒ニキビでは跡は残りませんが、肌の中に膿を持ってしまったような炎症の進んだ赤いニキビの後は、特にニキビ跡が残りやすくなっています。

それと言うのも、ニキビが悪くなっていく中で増殖した細菌たちによって毛穴の周囲の組織が破壊されてしまうことがあるからです。

皮脂を餌に集まってきた細菌たちはそれらを栄養に代謝を進め、その代謝産物が肌を刺激していきます。

刺激は炎症となって現れます。

炎症が毛穴の周りだけで済めばよいのですが、ひどい場合、肌の内部や周りの組織まで破壊が進んでしまうことがあります。

そうなるとニキビが治った後も、肌がくぼんでクレーターになってしまいます。

ニキビが進行していく過程で、肌の中にあるメラノサイトが刺激されることもあります。

メラノサイトはメラニンを生みだす細胞ですので、それが刺激されてしまうと、肌が紫外線を受けた時のように色素沈着を起こしてしまいます。

陽に焼けたわけではないのに肌が黒ずんでしまっているという場合には、ニキビとの関連を疑ってみる必要があるかもしれません。

比較的跡が残りにくいと言われている白いニキビや黒いニキビの状態であっても、執拗に触ったり、中の芯を押し出そうとして強い力をくわえてしまうことによって、本来自然に治ったならば出来なかったはずのニキビ跡や色素沈着が起きてしまうことがあります。

ニキビはむやみに触らずに、適切なケアを行う事!

ひどくなってしまう前に治せば跡や色素沈着は起こりにくいですからね。

トップページに戻る⇒ ニキビを治す方法

Return Top