Read Article

ニキビを悪化させる食生活

ニキビ食生活好き嫌いが多く、好みのものだけを食べ、苦手なものは残してしまう。

忙しさのあまり食事時間がバラバラになり、外食がちになってしまう。

面倒くさくてカップ麺や、できあいのもの選んでしまう。

ついついお腹がすいてスナック菓子に手が伸びてしまう。

ストレスで暴飲暴食がたたり、煙草やアルコール類も必要以上に摂取してしまう。

そんなことはありませんか?


そんな食生活の乱れが、ニキビを悪化させる原因になっているかもしれません。

ニキビは皮脂を分泌させる毛穴が詰まってしまうことで起こると言われています。

いくら洗顔によって肌をきれいな状態に保っていても、中から分泌される皮脂の量が多く、その皮脂の性質もドロドロとした質の悪いものであってはすぐに毛穴は詰まってしまします。

栄養が偏りがちなファーストフードや、外食、インスタント麺、高カロリーなスナック菓子は体の中に余分な皮脂を増やし、毛穴を詰まらせ、ニキビを増殖させることに繋がります。

またそれらの食品には食物繊維が不足している場合が多いので、便秘を引き起こす原因にもなりかねません。老廃物がいつまでも腸の中に押しとどめられている便秘は、決して肌にとってよいものではありません。

肌は内臓をうつす鏡であると古くから言われていますが、腸の状態はとりわけ私たちがどんなものを口にするかで大きく変わってきます。

刺激の強いアルコール類を過剰に摂取し、暴飲暴食、不規則な時間の食事によってひっきりなしに腸に負担をかけていては、肌は荒れる一方、ニキビも増えて仕方がありません。

食生活はすぐに、皮膚の状態に影響してくるのです。

ニキビの原因にはストレスも関係してきます。

そのストレスはまた食べることと密接につながっています。

栄養のバランスが悪く偏りがちな食事、遅い時間の負担の多い飲食は代謝を低下させ、私たちのやる気まで奪っていきます。

そうなるとストレスだけがどんどんたまり、それがニキビとなって表れてしまうと言う悪循環に陥ってしまいます。

トップページに戻る⇒ ニキビを治す方法

Return Top