Read Article

背中ニキビの原因

背中ニキビニキビはおでこや顎、頬など顔だけに出来るものと思いがちですが、実は背中にできる場合が多いんです。

しかもこの背中ニキビ、自分では見えないことが多いので気がつくのも遅く、ケアの方もついつい怠りがちになってしまいがちです。

おまけに背中に出来るニキビは、思春期の時期が来れば次第に落ち着いていくニキビとは違って治りにくく、せっかく治ったと思っても繰り返し出来てしまったりと嫌な性質を持っています。

ではなぜ背中にニキビが出来るのでしょう?

それにはどうやらお風呂が大きく関わっているようです。

皆さんはお風呂に入ったときに、まず最初に頭から洗いますか?それとも体から洗いますか?

体が先だと答えた方、背中にニキビが出来る原因はシャンプーにあるかもしれませんよ。

シャンプーは知っての通り、泡の洗浄力で汚れを落とすものですが、タンパク質との親和性を高めるために油分も多く含んでいます。

すべて流しきってしまえればいいのですが、背中はくぼみも多く自分で見ることも容易ではありませんから、シャンプーなどが背中に残りやすくなってしまうのです。

髪に油分を補給するトリートメントなどは特に背中に残ると、皮脂と同様、毛穴を詰まらせてニキビを作ることにもなりかねませんので、頭を洗う際にはシャンプーやリンス、特にトリートメントなどはしっかりと洗い流し、背中を清潔に保つように心がけましょう。

必要ならば頭を洗った後で体を洗うなど、洗う順番を入れ替えることも考えてみてください。

また背中は常に服と接していますので、摩擦などの刺激も受けやすく、汗もかきやすい場所となっています。

過剰な刺激と、汗などによる汚れは頑固なニキビを作ってしまう原因になりますので、洋服や肌着を選ぶ際には、背中のことも考え、優しく摩擦の起こりにくいものを選ぶとよいでしょう。

見返り美人や、男の背中という言葉があるように、背中は思っている以上に人から見られ、その人の人となりをあらわすものです。

普段からしっかりとケアできるように気をつけたいですね。

トップページに戻る⇒ ニキビを治す方法

Return Top