Read Article

お尻ニキビが出来る【原因と治し方】

お尻ニキビニキビは過剰な皮脂の分泌によってできるといわれています。
ですから皮脂の分泌を請け負う皮脂腺の発達した所では特にニキビはできやすくなります。

では皮脂腺の発達していない所ではできにくいかというと、決してそうではありません。

皮脂腺のあまり発達していない所でも乾燥や、その他いろいろなことが原因となってニキビができる場合があります。

特にお尻は座ったりぶつけたりと、過酷な状況におかれています。

長時間座っていますとそれだけ負担になりますし、座っている場所が硬い材質のものであれば決してお尻にも良くはありません。

またお尻は絶えず小さい下着で覆われているので蒸れやすく、汗や汚れもたまりやすい場所となっています。

汗をかいたからといって人前で容易に拭けるものでもありませんから、それだけ不衛生になってしまいがちです。

摩擦による刺激も多く、蒸れ、物理的な接触と、お尻は私たちが想像している以上に大変な環境にいるのです。

お尻はそんな大変な状況を黙って見ているわけではなく、角質を厚くし、皮膚を強くすることで抵抗してきます。

しかし角質が厚くなればそれだけ皮脂の分泌の邪魔になってしまいますので、ニキビができやすくなってしまうのです。

もともと汚れがたまりやすい所ですので、清潔にしておかないとすぐにニキビは出来てしまいます。

お尻に出来たニキビは、始終蒸れにさらされ、締め付けられ、ひどいときには押しつぶされてしまいなかなか治りません。

ですのでお尻にニキビが出来て困るという場合には、固い椅子に座るのではなく柔らかいものを敷いて、お尻を衝撃から守ってあげる。長時間座らなければならない場合はこまめにお尻を休ませてあげる。小さい下着で締め付けるのではなく、少し余裕のあるものを選んでみる。

化学繊維で出来た布ではなく、通気性と肌触りの良い天然素材の下着を用いるなど、お尻を労わってあげるとよいでしょう。また、ざらざらお尻を防ぐためにも、保湿は有効でしょう。

トップページに戻る⇒ ニキビを治す方法

Return Top